Taihei lagoon

ポンプ用のモータ制御、マジで詰まりまくって色々試した結果(制御とか電子回路とかの知識が無さすぎた)TA729Pっていうモータドライバでおちついた。

最初っからこれにしとけばよかったんだけど、秋葉原の電子パーツショップ全滅してるとおもいこんでたので買いにいけなかった

今日ツイッターで見たら開店時間は短かくなってる店もあるけど、完全閉店は秋月だけっぽいので飛んで買いにいけた。都営新宿線で行くとパーツショップが近いので買うものだけ買ってさっさと帰れてとても良い

モータードライバー(TA7291P)の使い方 [Arduino]

ここを参考にした。

 

って思ってたらラズパイ燃やしてもた。(12Vをラズパイの5Vピンに接続しちゃった)あーあ。

新しいの買いたい

廉価版買ってもいいけど初心者なのでここで金額的なケチをしたらいけない気がするのでやめとく

 

とりあえずリビングでレジをしているラズパイを持って来た。microSD交換するだけなので楽。いいなこれ

モータも動かせたし、とりあえずラズパイが壊れるまえまでの復旧作業は完了できたかも

 

 

Rainbow Fax

開発の記録さすがに付けんといかんっておもって書く。

ステッピングモーターのドライバがさすがに上手く働かないので

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XSBB45M/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

TB6600ってのに替えた。

前のよりゴツいし接点がねじでやるタイプだからやりやすい。

ごついので強い。実際に動いたし

 

TB6600 Stepper Motor Driver with Arduino Tutorial (3 Examples)

ここを参考にした。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07MH4GYX1/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

あとポンプモーターのためのリレーが火噴いてた。ステッピングモータ制御にもつかってる電源装置からの12Vに耐えられなかったみたい。

でもポンプモータが12V適応のやつなので明日アキバ行っていろいろ買いにいこうとおもう。

www.smartsheet.com

これに登録した。プロジェクトの管理カッチリしたい。

記録にもなりそうだし。

とりあえず明朝起き次第スケジュール作って買いものいこ

朝起きれるかは知らん

 

Bitter Engine

ラズパイでステッピングモータを動かすの、ちょっとつまりまくってる。大体の例がPythonなんだけど、できればNodeJS使いたい。とりあえずテストでPython使って回してみてから~~とか思ってたけど、ネットに転がってるPythonのサンプルコード見ながらJSに書き換えたら楽勝でしょ:ブイサイン:

 

とりあえずLチカしてみる。


qiita.com
これ参考にした。

setInterval(() => {
  gpio.setup(LED_PIN, gpio.DIR_OUT, () => {
    // LED_BLINK_DELAY_MS毎にLED ON/OFF
    gpio.write(LED_PIN, true);
    console.log("switch on")
    gpio.setup(LED_PIN, gpio.DIR_OUT, () => {
      // LED_BLINK_DELAY_MS毎にLED ON/OFF
      console.log("switch on, one more!")
      gpio.write(LED_PIN, false);
    })
  })
}, 500);

点灯した直後に消灯をいれこむことで


こんな感じにできてよさげ

JavaScript(Node.js) で sleep() アラカルト - Qiita
ふたつめのやりかたがわかりやすくてよさそう。

github.com
あとラズパイのGPIOいじるライブラリを変えた。こっちのほうがモードの切り替えとか(入出力の切り替え)いちいち設定せずに済んでよい

ステッピングモータが動いた。

let dirMode = true;
while (1) {
  for (let index = 0; index < 200; index++) {
    rpio.write(LED_PIN,rpio.HIGH)
    sleep(3);
    rpio.write(LED_PIN,rpio.LOW)
    sleep(5);
  }
  if (dirMode) {
    rpio.write(DIR_PIN,rpio.HIGH)   
    dirMode = !dirMode; 
  } else {
    rpio.write(DIR_PIN,rpio.LOW)    
    dirMode = !dirMode; 
  }
}

自力でPWM出力しようとしてる。これが正しいのかは知らん。
ArduinoとA4988でステッピングモータを回転してみる – 自作のいろいろ
これ参考にした。アルディーノ使えるんならPWM出力デフォルトでできるやろ、とか思っちゃう。知らんけど

Sweety Gear

「デフォルトの記法設定変更できますよ」っておしえられてからまだはてな記法に変えないで「だあもういちいち切り替えんのめんどうやな」ってしてる

朝とか

まじで昼夜逆転なおらん。昨日冗談混じりに「多分明日は5時くらいに起きてまうわw」って言ってたらガチで5時ちょうどに起きちゃった、かなしすぎる
まだ5時だし....大惨事って感じ。

HighwayIcecreamについて

辞書ファイル,秒で単語の追加できた。
Juliusの独自辞書を使って音声を認識させる - Qiita これ毎回参考にしてる。毎回忘れちゃうので。
追加した単語は

・いいえ
・違う
・ノー
・キャンセル
・そう
・イエス
・正解
・続行

の8個とあとテスト用に住民の名前をいくつか。「飯野」と発音がかなり似てる名字の人がもうひとつあるからうまく認識できるか心配。いっそ自分の登録名は「てん」とかにしてもいいかも。

何回かテストしてみた結果とりあえず似てる名字と違いがでるのはそんなに無かったかも

Googleスプレッドシートの読みこみできた。いいかんじ。
Node.jsでGoogle SpreadSheetsを操作してみよう。【GAS不使用】 | dotstudio
この記事がくそわかりやすい。まあでも今のところスプレッドシートに書きこむのは

  • 購入日と時間
  • 購入者
  • 金額

だけだし、GASの方に任せるのもいいかもしれない(スプレッドシートを編集するのと音声認識するロジック周りを切り離した方が色々楽そうなので)

なんかできた。一日かかったわ。スプレッドシートに書き込みができたし、キャンセル周りの処理とか作ったら一旦完成でよさそう。
あとはこれこっちからどう情報を伝えるか考えなあかんかも。やっぱりディスプレイかなあ

highway icecream

やっべ久しぶりすぎてはてな記法忘れてらwwww

ドロイドの開発してる

ベトナム行く前にガワだけ作ってたドロイドの中に専念してる。てか最初の機能が音声認識できるレジになりそうなんだけど。
それでも音声認識チュートリアルになりそうでまあまあ良い。
今のところの構成としては、Juliusで音声認識→NodeJSで解釈された文からDBとか通じてあれこれする→DBはjson-serverで同じラズパイの中でサーバーを立ててる。なんかコレもっといい方法あったやろうなんやけど、まあ所詮は外の世界に出すわけじゃないしjson-serverをこんな風に使うのもありなんじゃないかなって思ってやってる。DBの中身も購入記録とかそんなデータじゃなくてドロイド内部の現在の動作情報についてのことだし

とりあえず今は

  1. 「何円の商品を購入」
  2. 「飯野」

って言うことで飯野が何円の商品を購入したかわかるってことと、最初の音声からどれくらいの時間放置されたらいちからの動作にもどるってシーケンスっぽいことは終えれたのでよしとしよっかな^^


明日からGoogleスプレッドシートに書きこむようにするのと音声認識辞書へのワード追加(操作系のコマンドであったり各住民の名前とかであったり。)
あとキャンセルのまわりとかやな。シーケンス図とか書いといた方がいいかも。書いたら寝る

Blue Omiotuke

今回の開発、どうしても手伝いたい開発が待ってるのでなんかこれで引きあげよっかなっておもってる。
今日の朝、やってカウンターのツイートをして終わり。
まあそれでポツポツRTがきて知り合いが利用してはい。以上

そんなかんじで終わるんだろなっておもうと悲しくなってくるな

もう本当に個人開発やめてしまいたい。心の底からやめたい

やめたい